9歳

  • 2007/03/30(金) 21:24:01

200703302124012
20070330212401
98年春生まれのキキとララ。
今は有料トンネルが通った山に捨てられていた。猫飼ったことがなくて、よくわからんなりにミルクをほ乳瓶で飲ませて育てた。
6キロ超、腹の皮が土にすりそうな体格、猫とは思えない立派な足音がする。
黒白後輩猫のメイとララは女子同士折り合えず、ララは結局実家へ出戻り。
猫は女性になつくと何かで読んだ。確かにララは、男性をはっきりと嫌う。「こんといてよ、もう!触らんといて」それはひどい拒否だ。
(・_・;)
もう9歳〜早い。
これから折り返して同じだけ一緒に居られるとも限らないかも…と思う日もある。
ベルがちょっかい出すから迷惑そうな時も多いけど、神経質なキキは慣れたここが一番と思うよ。冬は外で過ごす時間が寒いから短かいし、春先の猫の恋の季節が終わって最近落ち着いてきたね。

キキもララも元気で。これからも添い寝しようね。

お疲れさん

  • 2007/03/28(水) 18:45:01

20070328184501
午後、元職場の方々が来た。私の後任者は、隣校へ転勤。予想通り留任ならず。話を聞く限り、来年度も皆さん忙しそう。
驚いたのは、五十代男性担任さん!私と同世代の息子さん達がいて〜孫もいて爺ちゃんなのは知っていたが…抱くのもあやすのも寝かすのもお上手。(*^o^*)
ベル爺ちゃんとベル父さんに爪の垢を煎じて飲ませたい。(;_;)

別室に物を取りに、泣きはじめた坊やを部屋に置いた。
ベルは激しく私と坊やのいる部屋のドアの間を行き来しながら、吠える吠える。「大変、坊やが泣いてるわ!早く行って御世話しないと」
明らかに坊やの泣き声に反応してベルも大変な興奮。ドアを開けたら「いけない」の制止も聞かず私より先に坊やに駆け寄って、ひたすら顔をペロペロ。「ゴメンよ、坊や泣かないで」というところかな。すみませんね…o(_ _*)o
坊やが息をする間がないほどベルが熱心に舐めているだけかもしれないが、そして見事に泣き止む!
他は下からベルがふらりと来ては中の様子を見、そのまま気が済むまでいたり。外の物音にベルが確認しに行ったりと至っていつも通り。
今はベルとの体重差がありすぎる。足で坊やの体を踏まれるのが恐ろしいので、坊やが泣いている時はベルも要注意だ。ワンコや猫がいることで他の家よりルールや注意は必要になるけど…居ない生活は考えられないからね〜v(^-^)v

ポーズ

  • 2007/03/27(火) 19:24:00

20070327192400
今日、天気が悪いらしいが、坊やにはいい感じ〜!
昨日は昼間中ちょっと寝ては背中が暑いのか、すぐ目が覚めたみたいだったけど。グズグズ泣いてたらスルリと入ってきたベル姉ちゃんに丁寧に鼻水舐められて( ̄○ ̄;)
「退院して二週間しか経ってないから、ベルには早いよ。」とヒヤリとしたが、気がついたら坊やは泣き止んでいた。
bellmomのお尻〜膀胱炎の薬の抗生物質が効いたのか?先週一週間でもとのサヤに収まった模様。
血行不良も…これから少しは気をつけて、同じ不自由はしなくて済むようにしたいわ。(^〜^)
本日の写真、ちっちゃなお口をさらにとがらせた坊や。

あんよ

  • 2007/03/23(金) 16:06:00

ただ今あんよは皮が剥げ落ち中。
お手々も…で見た目ガサガサ。
今日は布団に置けば、抗議の泣き。
口が寂しいだけと思うが、お乳をくわえてうとうと〜置けば気に入らぬらしい。┐(´ー`)┌

お着替え

  • 2007/03/21(水) 22:51:04

20070321225104
丸1日お乳を飲んでは、ウンチ。
赤いお顔で頑張るとバキューンと激しい音とともに。
今日はオムツの隙間が出来ていたりで3回もお召し替え。

時々いつもの定位置一階のソファーから、階段をトコトコ上がってペットドアの向こうでじっと伏せして待つ。
忠犬ベル公、そこは冷やかろう〜と廊下に座布団でも引いてやりたいほど。(T_T)

今朝は、机の上に置いたと言うベル婆ちゃんの小さなクリームパン2つを誰もいない隙間にペロリ完食。
こんなことがあると、どんなにお利口で可愛いかを言っても、辛口ベル婆ちゃんは「学校=しつけ教室行っても偉くない」と申すのだ。

夕方、ベル爺ちゃんがW台に散歩に連れて行ってくれた。「ベルちゃん」と声をかけてくれた人がいたのに、ベルが誘いに乗らなかったとか。f^_^;
お連れが違うと振る舞いが違うのね…ベル父さんに時間作ってもらうようにしようかな。